ヒト幹細胞エキスの効果とは?

 

ヒト幹細胞エキス配合の、シマボシ美容液のことを調べていたら、色々なぞが浮かんできました。

 

  • ヒト幹細胞ってなに?
  • 幹細胞って何?
  • そもそも、老化って止められないものなの?

 

幹細胞

 

DNA(遺伝子)のことや、幹細胞のこと。

 

専門家のように詳しくは触れることができませんが、できるだけ分かりやすく解説していきたいと思います。

 

 

少しDNAの話:老化を止めるには限界がある!?

 

私たちの身体の特徴に関する情報は、DNAの染色体に含まれています。

 

その両端から、DNAの鎖がほつれないように「テロメア」というタンパク質がしっかりと結びつけています。

 

靴ひもをイメージしてみてください。

 

先端にはプラスチックの筒があって、紐がほつれないように保護していますよね。

 

テロメアは先端をしっかりと保護しています。

 

でも、DNAは何度も細胞分裂を繰り返します。
それと同時に、テロメアが短くなってしまいます。

 

テロメアがなくなると、細胞分裂は終わります。これが、細胞の寿命です。

 

皮膚の細胞にあるテロメアが短いと、紫外線のダメージを受けやすくなります。

 

すると、色素沈着や、皮膚がんのリスクが高まることが、スペインの国立がんセンターの研究で明らかになっています。

 

 

サビる物質「活性酸素」はテロメアを短くしてしまうことも報告されています。

 

活性酸素を消して、細胞のダメージを防ぐのが「抗酸化物質」です。

 

野菜や果物中心の健全な食生活を送ったとしても、今までの方法では、細胞レベルで、若返ることには限界があるということを言われていました。

 

 

再生医療から生まれた幹細胞は新時代のエイジングケア

 

幹細胞は、骨や血管、肌や血液、心臓・筋肉などの身体の色々な箇所にある、細胞に成長できる能力をもつ細胞です!

 

この幹細胞をつかって、人工的に培養した細胞や組織を使って、臓器や体の修復をするのが再生医療です。

 

 

私たちの肌の3大美肌成分コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を初めとする細胞を生み出す元になる「線維芽細胞」は幹細胞からつくられています。

 

またに、幹細胞は美肌を生み出す源ですね。

 

幹細胞を自分自身をコピーして新しい細胞を生み出したり、足りない細胞をつくり出します。

 

 

幹細胞エキスに秘めた若返り効果

 

シマボシに配合されている幹細胞エキスは、幹細胞そのものではありません。

 

幹細胞を人工的に培養した時に分泌される成分を使っています。

 

幹細胞は自分自身をコピーするときに、

 

「これから、頑張って細胞をつくるぞ!」

 

というサインを出します。

 

これが、成長因子・増殖因子・グロスファクター(グロースファクター)と呼ばれるものです。

 

 

これによって、幹細胞自身が細胞分裂を開始します!

 

このサインは1種類だけじゃなく、約200種類以上も!!

 

幹細胞はどんな細胞になれる万能で特殊な細胞なので、数多くのサインを分泌します。

 

この分泌された成長因子が、肌細胞に増殖を促すサインを送ります。

 

加齢によって減少してしまった肌細胞を再生する

 

細胞から若返りをはかる 根本からのアンチエイジング

 

を目指せるようになりました。

 

 

ヒト幹細胞エキスってなに?

 

 

幹細胞は大きく分けて、ヒトから抽出したもの、動物・植物由来と3種類に分けられます。

 

動物や植物由来の幹細胞エキスは安価につくりだせます。

 

幹細胞エキス配合の美容液が、ピンからキリまで値段の差があるのは、

 

この幹細胞エキスの原料が違うからというのも一つの理由です。

 

幹細胞の種類でいえば、
「ヒトにはヒト由来の幹細胞」
が一番といえます。

 

ヒト幹細胞培養液を配合した、ヒト幹細胞コスメは、「失ったものを外から補う」対処療法のスキンケアから、
「細胞そのものを内側から活性する」土台ケアへと進化しました。

 

シマボシは、土台ケア(ヒト幹細胞エキス)と外から補う(マルチセラミド・アセチルヘキサペプチド-8)の、両方からのアプローチで若見え肌に!